Now Loading...

Now Loading...

バーチャルマーケットに行ってみよう | 名古屋のホームページ制作、Webマーケティングなら株式会社大和デザイン「未来への希望をデザインする」

お問い合わせ


バーチャルマーケットに行ってみよう

2019/09/21

バーチャルマーケットに行ってみよう

VRChat内のイベントで、最大級のものといえばバーチャルマーケットではないでしょうか。
コミックマーケット、通称コミケと呼ばれるものをご存知の方でしたらば
それをVRChatの空間で行うものと捉えて頂ければいいと思います。
様々な企業や個人がブースを出して、実際にアバターなどの売買も可能になっています。
要はVR空間での一大イベント、お祭りなのです。SFですね。

バーチャルマーケット3
2019.9.21~9.25

バーチャルマーケットと銘打っていますが、VR機器は必要ありません。
PCがあれば参加できます。VRChatなので。そのあたりは以前の記事を参照。
もちろんVR機器があれば、より臨場感が高まり貴重な体験になることは言うまでもありません。

会場へは地下鉄で向かいます
改札を越えたら
会場に到着です。
アシスタントAIからサブウインドウの説明を受けます。ブースの説明などが表示される小窓がコマンドボタンで表示されるようです。
協賛企業一覧
会場は様々なテーマを持ったワールドになっています。
こちらはビーチのワールド
水の中にも入れます。海中に鎮座するセブンイレブン
レジだけでなく陳列商品も作りこまれています
一転こちらはポップなワールド
QRコード先のBoothで実際にアバターやオブジェクトを購入できます
機械的な工場のワールドドローンのアシスタントが話しかけてきます

九龍城をモチーフにしたサイバーパンクなワールド。3×3 EYESとか幻影都市とか好きな人にはたまらない

他にもたくさんのワールドが用意されています。
様々なギミック盛りだくさんで25日の閉会まで見回る時間が足りない!
という方もご安心ください。閉会後(11月ごろ)にアーカイブとしてワールドが設置されるようです。
この辺りも実際のイベントとは違ったVRイベントならではですね。

【 タグ 】

常磐井 亘常磐井 亘

製作事例

サービス

スタッフ紹介

CONTACT

どうぞお気軽にご相談・
お問い合わせください!

Tel.052-228-7953

メールでのお問い合わせはコチラ!