Now Loading...

Now Loading...

レスポンシブルホームページのメリットとデメリット | 名古屋のホームページ制作、Webマーケティングなら株式会社大和デザイン「未来への希望をデザインする」

お問い合わせ


レスポンシブルホームページのメリットとデメリット

2019/07/25

レスポンシブルホームページのメリットとデメリット

ここ数年でスマートフォンの普及が急激に進んでいるのは皆様実感していると思います。国民の半数以上の人がスマートフォンを利用していると言われている時代です。

スマートフォンの普及に伴い、ホームページはパソコンメインではなく、スマートフォンからアクセスすることを考慮した設計を行うようになっております。

 

では、パソコンとスマートフォンの大きな違いとは?

それは、画面のサイズが一番に上げられます。そのため、小さい画面でも操作性の良いように設計された「スマートフォン専用サイト」や「レスポンシブデザイン」を行うサイトが主流になってきております。スマートフォンで見にくいから何とかしたいと思っている方は、どちらにすればいいのという悩みがあると思いますので、今回は「レスポンシブデザイン」のメリットとデメリットをお伝えできればと思います。

 

レスポンシブデザインとは?

まずレスポンシブデザインとは、サイト幅に合わせてサイトを最適に見せるサイトの事を言います。

そのため、HTMLファイルまたは、PHPファイルといわれるといわれるホームページを画面上に表示させるファイルは一つになります。

 

レスポンシブデザインのメリット

上記で伝えたように、「レスポンシブデザイン」の最大のメリットは、ファイルが一つなことです。
例えば、更新を行った際に、スマートフォン用とパソコン用など複数のファイルを触ることなく、更新することができます。

もう一つのメリットとしては、URLを統一できることです。

例えば、「yamatodesign.jp」

レスポンシブの場合

パソコン:yamatodesign.jp

スマートフォン:yamatodesign.jp

スマートフォン専用サイトの場合

パソコン:yamatodesign.jp

スマートフォン:yamatodesign.jp/sp/

 

このような形になります。

URLを統一させることのメリットとしては、一つのURLでパソコンで見られたお客様でもスマートフォンで見られた方でも最適にみることが可能です。

また、Googleもレスポンシブを推奨しているということもあります。

レスポンシブデザインのデメリット

レスポンシブのデメリットとしては、画像の容量が重くなってしまうことです。スマートフォンとパソコンと同じ画像を使用するため、表示よりも大きい画像を使うことが増えます。

そのため、ページを表示するのに時間がかかってしまう。というデメリットがあります。

弊社では、極力画像のデータ量を少なくするようにしておりますが、どうしてもスマートフォン専用よりもサイトが重くなってしまうことは確かです。

もう一つのデメリットとして、パソコン用のレイアウトをスマートフォンのレイアウトに合うようにしないといけないため、構築が複雑になってしまいます。

最近では、スマートフォンのレイアウトを先に考え、それに合わせてパソコンの画面を考えるというパターンも出てきております。

 

いかがでしたでしょうか?

どちらにもメリットデメリットがあると思いますが、皆様はどちらがいいと思いましたか?

弊社では、サイトの内容にもよりますが、レスポンシブサイトを推奨しております。

更新頻度やサイトのコンテンツが多い場合は特にレスポンシブサイトをお勧めしております。

ホームページのスマートフォンの見え方にお悩みの方は是非一度ご相談ください。

山本 英典山本 英典

製作事例

サービス

スタッフ紹介

CONTACT

どうぞお気軽にご相談・
お問い合わせください!

Tel.052-228-7953

メールでのお問い合わせはコチラ!